富山市議会議員 髙見隆夫(たかみたかお) | 自由民主党

①富山市立地適正化計画

①富山市立地適正化計画(平成28年策定予定)

地域拠点の活性化に向け、居住や都市機能の適正な誘導を図るための計画である立地適正化計画を策定し、コンパクトなまちづくりを推進しています。
  • 《富山市都市マスタープラン
    における概念図》

    富山市議会 富山市立地適正化計画(平成28年策定予定)

  • 富山市が目指す
    富山市議会 お団子と串の都市構造

    串 :
    一定水準以上のサービスレベルの公共交通
    お団子:
    串で結ばれた徒歩圏

    凡 例

     
    鉄道・路面電車・バスサービス
     
    鉄道サービス
     
    バスサービス
     
    都心
     
    地域生活拠点

《各地域における望ましい将来像》

都心地域
  • 商業・業務・芸術文化・娯楽・交流など市民に多様な都市サービスと都市の魅力、賑わいを創出する本市の「顔」にふさわしい広域的な都市機能が充実している。
  • 居住者のための日常生活に必要な機能も充実している。
地域生活拠点
  • 地域生活拠点の圏域住民の最寄りの品の購入や医療などの日常生活に必要な機能が充実している。
駅、バス停などの徒歩圏
  • 鉄道駅やバス停の中心とした徒歩圏において、最寄り品の購入など日常生活に必要な機能が概ね立地している。

《都市機能の特性による分類イメージ》

広域的な都市機能
(高次都市機能)

  • 総合的な行政や医療サービスの機能で日常的には利用されない機能

    公共機能
    行政機関、庁舎など
    医療機能
    総合病院など
  • 市民に多様な都市サービスと都市の魅力、賑わいを創出するために必要な機能

    教育文化機能
    大学、専門学校、博物館、文化ホールなど
    医療機能
    百貨店、総合スーパーなど

日常生活に必要な機能

  • 日常生活での利用頻度が高く、徒歩と公共交通によって利用できる徒歩圏への立地が望ましい機能

    商業機能
    コンビニ、スパーなど
    医療機能
    診療所、一般病院
    金融機関
    銀行、郵便局
  • 主に事業者によろ車での送迎で利用される機能

    社会福祉機能
    介護施設、デイサービス

    主に学校区単位で立地しており、地域のバランスにより配置されている機能

    教育文化機能
    小学校、中学校、高校
    子育て支援機能
    保育園、幼稚園
    公共機能
    地域交流センター、地域センターなど

今後、現在の都市機能立地状況などを踏まえて、誘導都市施設の位置づけを検討する予定です。


PAGETOP
Copyright © 富山市議会議員 髙見隆夫(たかみたかお) | 自由民主党 All Rights Reserved.